ブログ

免疫について2

前回、免疫機能の維持には全身の血流がかかせないと書きましたが今回はそれを改善する方法を大きく二つあるので挙げていこうと思います。
まずは足先手先に送られた血流をしっかり心臓まで戻すこと。
二つ目は手先や足先とも繋がりもある頸椎や仙椎の周りをしっかり機能するようにして心臓が働きやすくする(頸椎や仙椎からは心臓が優位に働くのに必要な副交感神経『身体を落ち着かせる神経』が出ているため)
さらに身体の機能的な働きによって血流が制限されてしまうことがあるためそれを防ぐのも全身の血流状態を維持するのに欠かせません。
こちらも大きな要因は二つ!
一つ目は強い眼精疲労により眼球が圧迫されることによる血圧低下、それと合わせて疲労の処理が間に合わず頸部のリンパが詰まることによる頸動脈洞への刺激です。
二つ目は血流が生命維持のため一定量を送る優先的な臓器の疲労で主に腎臓や脳が生命維持に大きな割合を占めています。
これら大枠の仕組みが維持されることで人体の心臓から出る血流や体温、免疫がしっかりと維持されます。

安芸区の村上マッサージ院では今回書かせて頂いた全身の血流を維持するためのシステムへの働きかけを意識した施術も行っています。
今まで同業他社で改善されなかった肩こりや腰痛を代表とした自律神経の疲労やリンパの詰まりを専門知識と丁寧な施術で改善します。
改善に向かっている、他社とは確実に違うという実感の口コミもEPARKさんのサイト内の口コミを通して多数頂いております。

PAGE
TOP